スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の弁護士相談用、個人メモ

次の弁護士相談で出す内容

相手の主張に乗っかる事を前提とする。

床修復・雨漏り対策で屋根の材質変更・エアコン取り付けは「建物の価値を高めるもの」として相殺する。また、相殺に持っていく為の主張の仕方を教えて頂く

では、「下水道」「プレハブ」はどうなるのか




建物の登記がされていないので相手の主張である「土地も建物もこちらが貸したものだ」という主張に乗っかるわけだが、民事調停をする前もしくは民事調停の場で、もし「こちらの建物だった」というのが判明した場合はどうなるのか?


現在はこれくらい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。