スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。゚(゚´ω`゚)゚。

祖父の件です。最後の弁護士相談のつもりで19日行ってきましたが、やはり色々おかしな点があるとの事で・・・

一筋縄でいくかどうか分からない可能性が浮上しました。

弁護士「この契約書はH22年に交わされたものなのに、H20年の分からの計上になってますよね。年6000円で。」
弁護士「で、キミが持ってるそのH20年の分の領収書って金額6000円ですよね」
弁護士「通常であれば契約した時から、はじめて契約が有効になるのだからおかしいんだよね。」
弁護士「内容は言えないけど、確かに「ちょっと横着な不動産屋」ではあるんだよね。関わった事があるから知ってるのだけど。」



ちなみにですが

私「500万請求したと聞きましたが?」
担当H「それはあくまで前見積もりの段階なので、実際にそのような額を請求したわけではないです」
私(内心)「だとしても素人相手に普通、前見積もり500万ですなんて根拠も提示しないで言うのだろうか?」



6日の話し合いにて
担当H「今年の9月末で契約の自動更新が切れるのですが、土地主さんが契約の更新をもうしたくはないと」

10日の話し合いにて
私「ところで、結局の所 祖父に立ち退いて欲しいと思っておられるのはどちらなのでしょうか?」
社長「いやいや、そんな事誰も言ってないよ」
私(内心)「契約しぶってたんちゃうんかよ?・・・契約の更新したくないって事は出て行けってのと同じとちゃうんか・・・?」





とりあえず滞納分の家賃は本日、父親が払って領収書ももらったのでとりあえず向こう1年は大丈夫として

最後の問題は・・・

「取り決めの書類を交わす その内容」

って事になりますね。




相手が「横着な会社」だという前提ですが、このまま色々突っ込むとその会社の利益なんてほとんど入らないので「取り決めの書類の内容」に私達のような素人じゃ非常に気づき辛い落とし穴を用意してくる可能性があります。

10日のやり取りで下記のような事がありました。

社長「おじいさんに何かあったりして出て行かなければならなくなった時、そのまま建物放置されたんじゃ土地主Yさんも困ってしまうわけなので、取り決めを決めないといけないでしょう」
私「はい、ですから 取り壊した後に何も起こらないように代理人を立てようかと思ってます」
社長「代理人・・・?何やそれ、弁護士?」
私「はい」
社長「はぁ?ここまで杜撰な事になっててそれを善意で何とかしようとしてるのに、こっちが悪者みたいやないか。何やそれ弁護士って・・・。いや、権利だから立てるなら別にいいよ。ってかそれやったらあんたら今日ここに来ん(こん)でええやん」
社長「まあ権利だから好きにしたらええよ。けど下手な事しようとしてみい。戦うならいつでも戦ったる。」
社長「ほんま下手なことしたら羽交い絞めもんやで・・・」


しばらく沈黙


私「すみません、しかし事を荒立てないためにも弁護士に入ってもらって取り決めたほうが良いのではないかと思いまして」
社長「あんたら(私の事ですね)今更自分のケツの拭き方ばかり気にしてるみたいやけどな、権利の前に 人と人の付き合いからはじまって今回の事になっとるんやで?」

ここから先は「祖父の家が建てられた経緯と、その家が祖父に渡った経緯 のお話」でした。



これを聞いて私と父はその場でとりあえず納得したので、「取り決めは今後決める」「滞納してる賃料を払ってくれれば今後もずっと住んでて大丈夫」と社長から言われたという具合です。









あくまで私個人としては

「取り決め書にサインする前に一度、弁護士に見てもらい この内容なら○○家(私の家系)の思惑通りの内容と一致してる とお墨付きをもらってからサインしたい」

ですが、弁護士という言葉を出せば間違いなくまた相手の機嫌を損ねるだけでしょう。

そして私がその社長の下にまた行くというのも警戒される。

しかし父親は、理解が乏しいので一人で社長の下に行かせると「また」うんうんと勝手にサインしかねない。

それだけは避けたい。



とりあえず親戚の伯父さん(それなりに賢明だと思う人。汚いけど)に同行していってもらって、サインだけは必ず踏みとどまらせるようにお願いしようと思ってます。

また、社長が「人と人なのだから」と以前言っていたので今回はそれを逆に利用してみようと思います。

というのは

「あんた勝手にサインして家族は大丈夫なんか?」と親戚に言ってもらい、父親を踏みとどまらせて「家族にこの内容を見てもらって同意を得たらサインをしてまた持ってくるなり郵送します」と言わせて書類を持ち帰ってもらう。

って事です。






これくらいしか手が思い浮かばないのですが、きっと最善の手になると信じたいです。



こちらが求める条件は「契約書の内容にある通り、年6000円で住ませてもらう」「あの家を祖父が出て行く事になったり、他界した時にはこちらで見積もりを立てて取り壊す」の2点だけなのですから。
















早く、無事に終わるといいな・・・(´・ω・`)







----------------------追記-------------------

こういうような悲惨な事態にならない為にも、皆様には本当気をつけて欲しいと思います。

今日、悪徳不動産屋から「火災保険」の資料が送られてきたのですが、元保険屋だった母がそれを見て驚愕してました。


以下、母の言葉↓

建物の登記もされてない、固定資産税も払われて無いような建物に保険なんて普通かけられない。

保険会社にデメリットしか無いからね。

保険の人とグルなんじゃない?これ。明らかに通常であればこんなの審査通らないよ。

それに送ってきた書類も、少なすぎる。絶対にもっと沢山書類発行されてるはずなのにおかしいわ。

それこそこんなの、保険の人とグルになって「建物の所有者を強引に、祖父のものに」って腹があるようにしか思えないわ。



との事。

本当、相手方もいろいろとご苦労な事で('A`)

めんどくせー!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さん>
本当こういう問題って嫌ですよねえ。

とりあえず今は家族全員「この不動産会社は敵だ」と認識してるので家族自体は悪い状態には無いのですが・・・

メンドクサー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。